日本臨床心理身体運動学会とは
 日本臨床心理身体運動学会は、1998年5月に発足した新しい学会です。当学会は、従来の臨床心理学分野の枠をこえて、いわゆる心の専門家である精神科医、臨床心理士、身体の専門家である体育学研究者、ダンスセラピスト、スポーツ競技者が一堂に会し、“癒し”ということを心の問題としてではなく、身体をも含めた“心身の癒し”と捉えること、つまり“心の癒し”から“人間の癒し”にまで深めることを目的としています。
 すなわち 、心理臨床学の周辺領域ともいえる身体・気・イメージなど不明確で言語化の困難な部分を臨床的立場で扱い、言語化することを目指し、同時にスポーツ等の身体運動文化の動向をも視野に入れ活動しています。このことは、急速に発展してきたこの分野に新たな課題を投げかけると共に、時代が求める水準を心理臨床学が今後も維持する原動力となると考えています。
具体的な活動としては、例えば、近年、スポーツの世界でよく話題となる競技力アップのためのイメージトレーニングのレベルを超えて、スポーツ競技者の内界にアプローチし、競技者の心身に徹底的に関わったカウンセリングの研究をも目指します。そのことによって、心身の癒しに携わる分野に、幅広くかつ奥の深い身体の知見を提供することになると考えています。
 心理臨床にかかわる方々、教育現場、競技現場の方々、身体・気・イメージに興味のある皆様の積極的な参加を期待しています。
   
主な事業計画
・年1回の大会
・年3回の研修会
・年3回の会報「SPACE」の発行
・年1回の学術雑誌「臨床心理身体運動学研究」の発行
・臨床関係出版物の発行
・各種講演会の開催
   

会則   PDF形式
細則   PDF形式
役員組織
委員会

 


Copyright (C) The Japan Association of Clinical Studies for Mind & Body. All Rights Reserved.